痔の治療には医師に正しい診断をしてもらうことが一番ですが、
以下の事に気を付けることで予防はもちろん、悪化・再発を避けることにもなります。
痔の治療には医師に正しい診断をしてもらうことが一番ですが、 以下の事に気を付けることで予防はもちろん、悪化・再発を避けることにもなります。
 

① おしりを清潔にしましょう

    • ・排便後、おしりを清潔にしておかないと細菌が増殖し、炎症の原因となります。

② 毎日お風呂に入りましょう

    • ・温めることにより血行がよくなりますし、清潔になります。

③ 便秘・下痢はよくありません

    • ・便秘をすると便が太くなり、肛門を傷つけやすくなります。
    • ・また、下痢は肛門に刺激を与えるほか、不潔にもなり細菌感染にもつながります。

④ おしり、腰を冷やさないようにしましょう

    • ・おしり・腰を冷すと、肛門の血行が悪くなります。

⑤ 長時間、同じ姿勢を続けないようにしましょう

    • ・座りっぱなし、立ちっぱなしでいると、肛門のうっ血をきたすことがあります。
       ときどき軽く運動して、血行をよくしましょう。

⑥ アルコールや刺激物は控えめにしましょう

    • ・お酒などのアルコール類、コショウ、からし等の刺激物は肛門を刺激し、うっ血の原因にもなります。

⑦ トイレではあまり力まないようにしましょう

    • ・排便時、強く力むと肛門のうっ血や出血をきたす事があります。
       また、力仕事、過激なスポーツも肛門に負担がかかるので気をつけましょう。

⑧ 早めに医師に相談しましょう

    • ・正しい診断をつけてもらうことが、痔の治療の第一歩です。